取扱商品 ユーザーの声 よくあるご質問 会社概要 お問い合わせ 採用情報
トップページ > よくある質問
ハーレーに関するご質問
Q:
ハーレーが7年間も使えるのは何故ですか?
A:
ハーレーは、
【本体に316Lの美しく耐久性の高いステンレス】
【ホースの素材に安全で耐久性に優れたシリコーン】
【ろ材にハーレー社独自の1000℃で高熱精製されたグラニューラ活性炭】を使用しています。
このような耐久性に優れた素材のみを厳選し、活性炭を最大限に活かす独自の通水システムオーバーフロー通水システム、お湯で内部を洗浄殺菌するバックウォッシュシステムにより衛生的に目詰まりすることなく高性能を約7年間維持できます。
1969年の発売以来、40年を超えるロングセラーの理由がここにあります。
Q:
ハーレーは、なぜ中空糸膜やセラミックを使っていないのですか?
A:
中空糸膜のようなミクロフィルターは、0.2ミクロン以上の小さな網の目状で、水の中の固形浮遊物(細菌も含む)を取り除くろ材です。
それより小さい分子溶解成分を除去することはできません。
問題とされている塩素・トリハロメタン.環境ホルモンなどは、分子レベルの水質汚染物質で、それらを除去するのは活性炭の働きによるものです。
ハーレーは、お湯で逆流洗浄してそれらの「汚れ」を放出し殺菌します。
「汚れ」をためないので細菌対策としての中空糸膜フィルターは必要なく、できるだけ大量の活性炭で水質汚染物質を除去する構造となっています。
Q:
浄水器はお湯を通せないの?
A:
一般にカートリッジ式の浄水器には、中空糸膜をはじめとするプラスチック製部品が多く使われています。プラスチックは、熱に耐えられない素材ですので、お湯を通す事ができません。
ハーレーがお湯で洗浄できるのは、中空糸膜を使用していませんし、接着剤、粘結剤、界面活性剤、防腐剤、抗菌剤も不使用なので化学物質が溶け出す心配がなく、7年間の使用に耐えられるように、耐熱性・耐久性の高い素材で作られているからです。
Q:
ハーレー は、アルカリイオン整水器とは違うの?
A:
アルカリイオン整水器は、水道水を電気分解によってアルカリと酸性の水にわけ、アルカリ水だけを飲む、という考え方のものです。
しかし、アルカリ性の水(アルカリ性食品も同様)を取り込んでも生体のPHは変化しません。そう簡単に変化してしまっては、生体の恒常性が維持できないのです。最近はアルカリイオン水に疑問を持つ人が増えたこともあり、基本的な作り方は同じなのですが、何とか還元水とか活性水素水とか名前を変えて販売しているメーカーも増えているようです。
また水道水で一番問題となる汚染物質などの除去能力は低く、浄水器にはかないません。
ハーレーとアルカリイオン整水器とは、根本的に考え方が違います。
人間の身体にとって「よい水」とは何か。
それは、「有害汚染物質を取り去った自然な水」です。ハーレーは、人間が加えてしまった有害物質を取り去り、自然のミネラルをそのまま活かす、つまり、もとの自然で安全な水に戻すための浄水器なのです。
Q:
どうしてお湯で活性炭の能力が回復できるの?
A:
農薬やトリハロメタンのような化学物質は、分子レベルで水に溶解しています。
しかし、その分子が活性炭を通過すると、活性炭が分子間の引力で磁石のように引っ張り、
吸着してしまいます。
これが活性炭による吸着除去なのです。
ところが、水の温度が40℃より高温になると、水分子の物を溶かす力が強くなり、
低温の場合は活性炭に吸着されていた物質が、お湯だとエネルギーの高くなった水の分子のほうに強く引っ張られてしまうのです。
食器の油汚れなども水よりお湯の方がよく落ちますね、それと同じです。
一粒ずつの活性炭が完全に再生している訳ではありませんが、
浄水器全体としては性能が維持される結果が除去データで証明されています。
Q:
7年後のろ材交換とは?
A:
ろ材交換品は、グラニューラ活性炭909gを新たに詰替えた製品です。(Sコック、Sスパウト等部品は除きます。)使用済の活性炭は土壌改良材として、本体ステンレスは極低炭素鋼に耐粒界腐食性を持たせた高品質ステンレス(SUS316L)として再資源化しています。
価格は63,000円(税別)となっています。※2015年現在
Q:
他の浄水器とどこが違うの?
A:
一般的に浄水器は定期的に中のカートリッジ(ろ材など)を交換しながら使用します。
1カ月、3カ月、中には1年間使用して交換するタイプの浄水器もあります。
使えば使う程、浄水器の中には汚れをためていきます。
汚れがたまると活性炭の表面積はふさがれ、吸着除去性能は落ちていきます。
浄水するたびにその汚れたカートリッジの中を水が通過していくことになるわけです。
「暮しの手帖」の商品テストによると、最初のうちはある程度の性能をもっていたとしても、
カートリッジ交換時期には、浄水能力はゼロであるという機種が殆どです。
しかも、たまった汚れを餌にして、細菌が繁殖していきます。
1年も使ったカートリッジの内部はヘドロ状になっているケースもあります。
ハーレーII が他の浄水器と違う点は、カートリッジの交換が7年間必要ないという事です。
性能もトリハロメタン、農薬、有機溶剤などの化学物資をパーフェクトに除去し、しかもその高性能が落ちることなく7年間維持できることです。
なぜ、カートリッジの交換が必要ないのでしょうか。
なぜ能力が落ちないのでしょうか。細菌の心配はないのでしょうか。
実はそれらの浄水器の宿命といえる問題を解決したのが、バックウォッシュ(逆流洗浄)なのです。
バックウォッシュとは、約60℃のお湯で内部を洗浄することです。
週に一度約60℃のお湯を5分間通して洗浄し、お湯を止めて15分間蒸らします。
お湯によって内部を洗い流すことで、活性炭の性能を回復し、殺菌し、目詰まりを解消します。
毎週カートリッジを新しく交換していることと同じことになります。
Q:
世界トップレベルのダストピックアップ率って?
A:
IEC※国際規格が定める、実際にホコリを取り除く吸塵力のダストピックアップ率は フローリング床で98.4%、カーペットで80.6%を達成しています。※IEC(国際電気標準会議)とは、電気工学、電子工学に関連した技術の国際的な標準化を行う機関です。
国産の掃除機の基準は、機械の風量×真空度によって「吸込仕事率』を算出して性能の目安としています。掃除機本体にホースと延長管を取付け、その先で測定した数値で計算されるため、モーターのパワーに大きく左右されます。実際の掃除機がどれだけホコリをとるかを表しているとはいえません。
詳しくはこちらへ
Q:
窓を閉めて掃除できるって本当?
A:
雨の日・花粉の時期、また冷暖房をつけているとき窓は開けたくないですね。ロータスホワイトなら空気清浄機のようにクリーンな排気ですから、安心して、窓を閉めてお掃除できます。運転音も静かなので、集合住宅でも音を気にしないで、夜でもお掃除できます。
Q:
子どもが排気口に顔を近づけるんですけど・・・大丈夫?
A:
ご安心ください。一般的な家庭のホコリ(0.3ミクロン)は、1リットルあたり約4万から8万個※です。しかしロータスホワイトの排気を測定するとほとんど0レベル、お部屋の空気よりはるかにキレイなことがわかります。
※パーティクルカウンターでの測定値です。
Q:
HEPAフィルターを使った掃除機なら他にもあるけど・・・?
A:
ヘパを使っているからといって排気が完全にキレイとは言い切れません。
吸い込んだ空気が100%ヘパフィルターから出れば良いのですが、途中に構造上のすき間があればそこからホコリは漏れてしまいます。ロータスホワイトのヘパフィルターは13等級と非常に細かく、0.1ミクロンのホコリも99.95%カットします。しかも、11層のエアクリーンシステムで高気密設計なので、本体のどこからも一切のホコリの漏れがなく、空気清浄機を越えるクリーンな排気です。
Q:
外国製だから修理のときが心配。
A:
万一、修理や補修等が必要になった場合は、ミーレジャパン・コンタクトセンターが迅速なアフターサービスを行っております。
Q:
布団たたきは意味無いの?
A:
ロータスホワイトは布団用クリーナーとしてもご使用いただけます。布団用としてターボブラシノズルが付いています。家中のホコリ、特にダニダストの主犯は寝具だといわれています。毎日約8時間以上肌に触れている私たちの布団や枕は、皮膚やフケ等ダニの餌が豊富な上に、風通しの悪い住環境がカビやダニの繁殖しやすい状況をつくっています。 寝具に潜むダニは、干しても叩いてもほとんど効果のないことが実証されています。西宮市環境衛生課ではダニやハウスダスト等のアレルゲンの対処法として、寝具に掃除機をかけることが一番効果的であると指導しています。 しかし、熱心に掃除機をかけてアレルゲンを布団から吸い取っても、排気や本体から漏らしていては、再び室内にまき散らしていることになり、意味がありません。パウダー状になったアレルゲンを漏らさず、しっかり捕集することが重要です。
Q:
収納するとき長いので、場所がなく困るのだけれど・・・
A:
本体の両サイドに、延長管のフックを差し込むスタンドホルダーが付いているので、手元ハンドルも、スタンドホルダーに差し込み可能な高さは約70cmになるコンパクトタイプ。 見た目もすっきり小さく収納できます。
Q:
オイルヒーターは換気しなくていいの?
A:
オイルヒーターの最大の特徴は、お部屋の空気を汚さないことです。火を燃焼させないので有害なガスも発生せず、換気の必要もありません。風も出ませんのでホコリも立てません。即暖性を除いては安全で理想的な暖房機です。欧米の寒冷地でも、古くから普及し使われています。
花粉などのアレルギーのある方や小さなお子さま、高齢の方でも安全にお使いいただけます。運転音もほとんどなく大変静かです。しかもオイルやフィルターの交換も必要ありません。
Q:
ユーレックスはなぜ節電できるの?
A:
ユーレックスの節電の秘密は、側面の温度センサーにあります。室温の変化をすばやく察知して、自動的にヒーターをオフ、600W、900W、1500W(8フィンはオフ、500W、700W、1200W)の4段階に切り替え。暖め過ぎることがなく、不要な電気を節約できます。設定温度に達したら自動的に電源をオフにします。
エコ運転モードにすれば、900W以下(8フィンは700W以下)で運転し続けることも。マイコン制御だからできる、省エネ暖房です。
Q:
フィンを触れるとやけどをしますか?
A:
通常運転で約70℃、最高で約90℃になりますが、直火ではないのですぐに離せばやけどはしません。ただし、長い時間触れているとやけどの恐れがありますのでご注意ください。
Q:
即暖性がなく、あまり暖かくないのでは?
A:
オイルヒーターは、フィンの中に密閉されているオイルを温めて放熱させ、輻射熱と自然対流によって床、壁、天井など部屋全体の空気を暖めます。部屋全体を暖めるまでは時間がかかりますが、一度暖められると持続します。日なたにいるような自然な暖かさで、暖房に気がつかないほど快適です。
Q:
オイル交換の必要がありますか?
A:
オイルヒーターのオイルは交換・補充などの必要はありません。使用している難燃性のオイルは半永久的にそのまま使用できます。